情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

りそな銀行、長瀬支店で顧客情報1973件含むマイクロフィルム紛失

りそな銀行(本店:大阪市中央区)は7月30日、長瀬支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルムを紛失したと発表した。同行によると、フィルムには、振出人名、受取人名、金額、振出日、支払期日、裏書人名などを含む手形・小切手明細442件と、納付者名、住所、金額を含む税公金・公共料金納付書明細1531件が含まれている。対象期間は2007年8月30日から同9月18日まで。内部調査の結果から、保管不要となった書類等を廃棄する際に誤って廃棄した可能性が高く、情報が外部に流出した可能性は極めて低いという。同行は、再発防止に向け、顧客情報の管理を徹底するとしている。
・長瀬支店でのお客さま情報の紛失について[PDF](りそな銀行)
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/newsrelease/pdf/20130730_3a.pdf

一覧へ