情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

福井大学、車上荒らしで医学部学生らの個人情報含むノートパソコン盗難

福井大学(本部:福井県福井市)は7月18日、医学部の教員が車を荒らされ、学生の個人情報が保存されたノートパソコンを盗まれたと発表した。同大学によると、福井市内の駐車場に停めていた自家用車のガラスを割られ、ノートパソコンをバッグごと盗まれた。警察に届け出済み。パソコンには、2013年度に在籍している医学部と大学院医学系研究科の全学生1062名の氏名と学籍番号がパスワードをかけて保存されているほか、当該教員の担当する科目について、2013年度受講者104名の氏名、学籍番号、出席状況等がパスワードなしで保存されていた。2012年度受講者131名の氏名、学籍番号、成績も保存されていた可能性がある。対象の学生には事情を説明し、相談窓口も設置した。同大学は、全教職員に対し個人情報の取り扱いの徹底を周知し、個人情報の管理体制を強化するとしている。
・パソコンの盗難に伴う個人情報の漏えいの可能性について(福井大学)
http://news.ad.u-fukui.ac.jp/?p=4095

一覧へ