情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

住友不動産販売、2514物件分の個人情報含むノートパソコン盗難

住友不動産販売(本店:東京都新宿区)は7月1日、神戸市内の賃貸業務を行う営業センターにおいて、顧客情報を記録したノートパソコン1台が盗まれたと発表した。同社によると、2月28日に同センターの事務室から盗まれた。当該パソコンには、同センターで賃貸管理している物件2514件分の個人情報が記録されている。警察に届出済み。当該パソコンには起動時のログインパスワードが設定されており、データは暗号化されているという。情報の流出や不正使用の事実は確認されていない。同社は今後、個人情報保護の強化と再発防止に努めていくとしている。
・お客様情報を記録したノートパソコンの盗難について[PDF](住友不動産販売)
http://www.stepon.co.jp/pdf_files/2013070101.pdf

一覧へ