情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

横浜市小菅ケ谷地域ケアプラザ、サービス利用者141名の情報含むリスト紛失

横浜市は6月27日、小菅ケ谷地域ケアプラザ(同市栄区)のデイサービス送迎車車両内で、利用者の送迎確認に使用していた送迎確認表を紛失したと発表した。同区福祉保健課によると、紛失したのはデイサービス利用者141名の氏名、電話番号、49名分の住所、送迎時の留意事項を記載した表をファイルしたもの。電話番号は、数字を一部入れ替えて記載してあるという。紛失が判明したのは6月25日で、同日午後3時50分頃に担当職員がファイルを車両の助手席に置き、数分車両を離れた後、デイサービス利用者を乗せてケアプラザを出発したが、ケアプラザに帰着後、紛失が判明した。車両内や所内を探し、当日のサービス利用者にも確認したがファイルは見つかっていない。対象の141名には個別に状況説明と謝罪を行う。市福祉サービス協会および同ケアプラザでは、今後、全デイサービス利用者の情報が掲載された送迎確認表の持ち出しをやめ、当日利用者分の情報のみを記載した表と、セキュリティ設定を行った携帯電話を所持することとした。また、当該表と携帯電話の確認簿を作成し、送迎時に複数の職員で確認を行うという。
・横浜市小菅ケ谷地域ケアプラザにおけるデイサービス送迎確認表の紛失について[PDF](横浜市)
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201306/images/phpZ9SYOt.pdf

一覧へ