情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

佐世保市立総合病院、患者情報26件含む領収書綴り紛失

佐世保市立総合病院(長崎県佐世保市)は6月14日、患者情報26件が含まれた領収書綴りを紛失したと発表した。同病院によると、6月7日、徴収嘱託者2名が医療費の請求のため14戸を訪問したが、訪問終了後の午後4時頃、領収書綴りの紛失に気付いた。綴りには、患者の氏名、住所、診療科、管理番号、診療費、診療期間、入院外来区分、患者ID等が26件記載されている。松浦警察署に紛失届を提出済み。対象者には事情説明と謝罪の連絡を行っている。綴りの未使用分と、当日使用した2枚については無効広告を掲示した。同病院では再発防止のため、徴収体制手順の見直しを行い、徴収嘱託職員に対し注意喚起を行うほか、院内全体の個人情報管理体制の強化、指導の徹底を図っていくとしている。
・佐世保市立総合病院における医療費領収書綴りの紛失について(佐世保市立総合病院)
http://www.hospital.sasebo.nagasaki.jp/news/accident201306/

一覧へ