情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ベリ・マッチ、メールをTOで送りメールアドレス30名分が流出

医師など医療従事者の人材紹介事業を行うベリ・マッチ(本社:福岡県大野城市)は6月11日、アルバイト求人の情報をメールで配信した際、BCCで送るべきところをTOで送ったため、医師30名のメールアドレスが流出したと発表した。同社によると、6月7日午後5時1分頃、従業員が「九州地区新着求人(スポット求人)」のメールを送信した際、操作を誤った。同社では求人情報を送信する際、誤送信防止のため専用のメールシステムを使用しているが、この時はシステムが不調だったためこれを利用せずに送信し、事故につながったという。該当者には報告と謝罪を行い、当該メールの削除を依頼した。メールアドレスの不正利用に関する連絡は入っていない。同社は、全従業員に対して、個人情報保護方針を確認させるとともに、メールシステムの使用を徹底し、再発防止に取り組んでいくとしている。
・メールアドレスの流出のお詫びとご報告(ベリ・マッチ)
http://v-matching.co.jp/news/detail.php?id=36

一覧へ