情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

楽天KC、カード情報を含む個人情報1,186件流出、最大5,518件の可能性

信販会社の楽天KC(旧国内信販、本社・福岡市博多区)は12日、顧客情報1,186件の流出を確認したと発表した。最大でクレジットカード情報420件分を含む5,518件の個人情報流出の可能性があるという。同社によると、顧客リストを拾ったという情報が寄せられ、内容を調査したところ、国内信販時代の東京支店(東京都千代田区)で管理していた顧客リストであることがわかった。リストには昨年5月から10月までに該当する個人情報1,186件が記載されており、情報内容は、顧客氏名、自宅と勤務先の電話番号、クレジットカード番号を含む契約番号、契約金額、振替口座など。この情報を含め、東京支店で保管していた情報が最大で5,518件流出した可能性があるという。同社はクレジットカード420件分についてはカードの切替えを行うとし、また現在のところ今回流出した契約番号を使った不正取引は確認されていないが、不正取引が判明した場合は全額補償するとしている。
・リリース(楽天KC)
http://www.kcnet.co.jp/p/kc-net/oshirase/051012/index.html

一覧へ