情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

日立キャピタル、6名分の口座振替停止依頼書をFAX誤送信

日立キャピタル(東京都港区)とグループ会社の日立キャピタルオートリース(同)は6日、両社の顧客5名分の個人情報が記載された「口座振替停止依頼書」が、誤って第三者宅にファックス送信されと発表した。両社の業務委託先が取引銀行にファックスしようとして誤送信したもので、情報内容は顧客氏名、銀行口座、契約番号など。発表によれば、当該書類はすでに回収しており、二次被害の恐れはないとしている。
・リリース(日立キャピタルオートリース)
http://www.hcal.co.jp/info/info051006.html
・リリース(日立キャピタル)
http://www.hitachi-capital.co.jp/hcc/info/info051006.html

一覧へ