情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東芝、取引先約50名分のメールアドレスを含むパソコン紛失

東芝(本社・東京都港区)は6日、同社従業員が9月23日の帰宅途中に、資材調達関係の取引先約50名分のメールアドレスなどを保存したパソコン1台を紛失したと発表した。同従業員は帰宅途中のタクシー降車時に紛失に気づき、タクシー会社等に連絡して捜索したが発見できなかったため、警察当局に遺失物届を提出した。現時点で同パソコンは発見できていないが、保存されていた情報の不正使用は確認されていないという。同社は、盗難や紛失など万一の事態に備え、パソコンには厳重なセキュリティ措置を講じているため、第三者が情報を閲覧することはきわめて困難であるとしている。
・リリース(東芝)
http://www.toshiba.co.jp/privacy/info200510_j.htm

一覧へ