情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

九州電力、委託先検針員が13名分の検針票を紛失

九州電力は3日、北九州市内の検針業務を委託している会社の検針員が9月29日、「電気ご使用量のお知らせ」13名分を紛失したと発表した。同検針票には、顧客の契約名義、使用量、請求予定額等が記載されていた。紛失判明後、警察へ紛失届けを提出するとともに関係各所を探したが発見できていないという。また、顧客には個別に連絡してお詫びと事情説明をしており、今後の再発防止のため管理徹底に努めていくとしている。
・リリース(九州電力)
http://www1.kyuden.co.jp/press_h051003-1

一覧へ