情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

福邦銀行、京都支店の顧客情報4,256名分を含むCD-ROM紛失

福邦銀行(福井県福井市)は4日、京都支店(京都市中京区)で4,256名分の顧客情報が記録されたCD-ROMを紛失したと発表した。記録されていたのは1998年4月から同9月時点のデータで、氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、取引内容、預金残高、融資残高など。紛失時期は今年8月初旬頃で、誤って廃棄した可能性が高く、また同行のすべてのCD-ROMはパスワードとデータ暗号化によって保護されているため、顧客情報が外部へ漏洩する恐れは極めて低いとしている。同行は再発防止に向け、管理の見直しを図り、顧客情報の管理について再度徹底していくとしている。
・リリース(福邦銀行)
http://www.fukuho.co.jp/topics/h171004.html

一覧へ