情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

埼玉ダイハツ販売、6件分の領収書控えなどが入ったカバンを紛失

埼玉ダイハツ販売は9月26日、本庄店(埼玉県本庄市)の営業スタッフが領収書控え6件分などが入ったカバンを置き忘れて紛失したと発表した。同23日、同スタッフが同店の最終退出者として施錠をした際、出入り口付近に当該カバンを置き忘れて帰宅後に気づいた。拠点に戻って探したが発見できず、翌24日に店長に報告し、再度探したが見つからなかったという。領収書控には2件分の顧客の氏名および住所と4件分の顧客の氏名が記されていた。現在、2次流出などによる問題は確認されていないという。同社は当該顧客を訪問のうえ事情説明と謝罪を行っており、今後は顧客情報管理の再徹底を図るとしている。
・リリース(埼玉ダイハツ販売)
http://www.saitama-daihatsu.co.jp/weekly/0901.html

一覧へ