情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

全日空、子会社が6,984名の顧客情報入りFDを紛失

全日本空輸は27日、機内誌「翼の王国」の発送業務を委託している子会社のANAロジスティクサービス(ALS、千葉県成田市)が、発送先6,984名分の個人情報が入ったフロッピーディスク(FD)を紛失したと発表した。同社では、よく利用する顧客を対象にしたANAマイレージサービスの上級会員制度「ANAスーパーフライヤーズカード」を用意、同会員には同誌を毎月発送している。紛失したFDは、ALSがその発送業務に用いていたもので、今月16日に紛失が判明。事実確認を行うとともに捜索を実施したが発見できず、個人情報保護法に基づき26日に国土交通省に報告したという。紛失FDには、6,702名分の自宅住所、282名分の勤務先住所、所属部署名、役職名、計6,984名分の名前とANAマイレージクラブの顧客様番号が記録。クレジットカード番号や有効期限等の情報は含まれていないという。
・リリース(全日空)
http://www.ana.co.jp/topics/notice050927/index.html
・リリース(ANAロジスティクサービス)
http://www.als.ana-g.com/news/index.htm

一覧へ