情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ブラザー販売、オンラインユーザー登録システムの不具合で顧客情報漏えいか

ブラザー販売は20日、同社のオンラインユーザー登録システムに不具合があり、顧客の情報が他の顧客に閲覧された可能性があると発表した。同社によると、19日朝「ブラザーオンラインユーザー登録システム」で内部管理番号の重複発行が発生。二重に発行された3つの管理番号を持つ計6名の顧客間で、一方の住所、氏名、電話番号、メールアドレスなどの登録情報が閲覧されてしまう可能性があったという。同社は、発覚後システムを停止し、原因追及とプログラムの修正を実施。20日午後より同サービスを再開。他の同様なシステムもチェックし、重複チェックプログラムを組み込むことで、同様の事故が発生しないよう対策を講じたとしている。
・リリース(ブラザー販売)
http://www.brother-hanbai.co.jp/announce/notice050920.html

一覧へ