情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

コニシ、お知らせメールの誤送信で登録ユーザーのアドレス2,697件流出

接着剤「ボンド」のコニシ(大阪市中央区)は16日、同報メールの宛先を誤って「CC」で送信し、計2,697件のメールアドレスが漏えいしたと発表した。同社によると、15日に「MSDS(製品安全データシート)配布システム」の登録ユーザーにお知らせメールを配信した際、本来BCCで送信すべきところ、CCにリストを挿入して配信した。この誤送信により、17グループ(1グループ約200 件 合計2697 件)でメールを受信したユーザーに同報のメールアドレスが表示がされたという。同社は、個人情報保護方針の徹底など今後の再発防止に努めていくとしている。
・リリース[PDFファイル](コニシ)
http://www.bond.co.jp/03zaimu/pdf/msds.pdf

一覧へ