情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

顧客情報85万件含むPCを隠匿、NTTコムを恐喝した委託会社の社長逮捕

NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)(以下NTTコム)の顧客情報が入ったパソコンを隠し、情報漏えいをほのめかして同社を恐喝したとして、警視庁代々木署は17日、業務委託先の社長(53)を恐喝未遂容疑で逮捕した。容疑者が経営するエム・ピー・アイ(東京都渋谷区)は、電話料金の口座振替えを希望するNTTコム利用者の個人情報(氏名、住所、口座番号など)を業務上知りえる立場にあり、最大85万件の顧客情報を掌握していたという。容疑者はこの情報漏えいをほのめかして、NTTコムに高額な現金を要求した疑いがもたれている。現在、顧客情報を記録したパソコンは所在が判明しており、情報流出の事実もないという。NTTコムは今後も警察当局による捜査に協力するとともに、業務委託先の管理をより徹底していくとしている。
・リリース(NTTコミュニケーションズ)
http://www.ntt.com/release/2005NEWS/0009/0917.html

一覧へ