情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ダイヤモンドリース、1,390名分の個人情報を含むパソコン盗難

ダイヤモンドリースは8月30日、関係会社に出向中の同社社員の自宅が空き巣に入られ、取引先1,390名分の個人情報を含むパソコン1台が盗まれたと発表した。パソコンに入っていた個人情報は名刺管理ソフトに保存していたもので、氏名、会社名、部署名、役職名、会社電話番号、会社住所、メールアドレスなど。同社員が社内ルールに反して個人情報を持ち出していたもので、個人所有のパソコンであるためID認証などのセキュリティ措置はほどこされていないが、現時点では情報の不正使用などの事実は確認されていないという。今後は社員教育を徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・リリース(ダイヤモンドリース)
http://www.dia-lease.co.jp/whats/2005/20050830.pdf

一覧へ