情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

三菱重工業、技術者の個人PCがウイルスに感染し、原発情報流出

三菱重工業は8月30日、同社高砂製作所(兵庫県高砂市)が請け負っている発電所の検査関連情報が流出していたと発表した。流出したのは、原子力発電所3か所を含む全国46施設のタービンや水車等に関する検査関連情報。高砂製作所の協力会社「非破壊検査」(本社・大阪市西区)の技術者の個人パソコンが、ファイル共有ソフトWinny(ウィニー)のウイルスに感染したため、今年4月末から5月初めまでの間、Winnyネットワーク上に流出していた。同社によると、流出情報の大半は火力発電所関係のもので、原子力発電所のタービンに関するものも一部含まれているが、原子炉や核物質防護に関する情報は含まれていないという。Winnyのウイルス感染による原発情報流出は、6月に三菱電機子会社で、7月に原子力安全保安院でも発覚している。
・リリース(三菱重工業)
http://www.mhi-ir.jp/sp_news/050830_winny/index.html

一覧へ