情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

愛知県中央信用組合、4名分の個人情報が記載された書類を誤郵送

愛知県中央信用組合は25日、信販会社に郵送すべき個人情報の記載された書類を、誤って別法人に郵送したことが先月8日に判明したと発表した。同組合によると、誤郵送したのはローン取引に係わる書類1枚で、別法人に送付する書類に紛れ込んだことに気付かず、先月6日に郵送。誤郵送先から返却を受け、8日に回収したという。当該書類には、4名分の氏名、取引支店名、保証番号等が記載されていた。
・リリース(愛知県中央信用組合)
http://www.aichi-kenshin.co.jp/pdf/rouei_h170825.pdf

一覧へ