情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

埼玉社会保険病院、泌尿器科の元部長が患者の個人情報をDMに使用

埼玉社会保険病院(さいたま市浦和区)は23日、前泌尿器科部長が勤務中に入手した患者の個人情報を利用して、ダイレクトメールを送付した事実が発覚したと発表した。同院によると、同院を退職し7月に石井クリニック(さいたま市浦和区)を開業した前泌尿器科部長が、暑中見舞いを兼ねた開業の挨拶状を送付。一部の送付先に関して、同院勤務中に入手した患者の氏名および住所を不正に利用していたという。同院は、前泌尿器科部長に対し厳重に抗議の上、8月末日付けで同氏との嘱託契約を解除し、9月2日からの同氏の泌尿器科外来を終了。不正利用された患者のうち調査によって把握した患者に対しては、個別に謝罪の手紙を送付したとしている。
・リリース(埼玉社会保険病院)
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~saitahp/news/news.html#hinyou

一覧へ