情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

持田製薬、大阪府の医師・薬剤師573名の個人情報含むパソコン盗難

持田製薬(東京都新宿区)は17日、同社社員が使用する営業車の窓が破壊され、大阪府高槻市の医療機関を中心とした医師・薬剤師573名の個人情報が記録されたパソコンが盗まれたと発表した。盗難事故があったのは16日午前9時頃で、個人情報の内容は氏名、勤務先、所属、役職、性別、出身大学など。パソコンには暗号化等のセキュリティ対策が施されており、保存情報が流出する可能性は極めて低いとしている。
・リリース(持田製薬)
http://www.mochida.co.jp/ms/newsbox/pc.htm

一覧へ