情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

楽天市場の顧客情報流出、累計3万6千件・カード番号1万件に

楽天が運営するショッピングサイト「楽天市場」の店舗から顧客情報が流出した問題で、同社は6日、284件としていた流出件数が累計3万6,239件に達し、うち1万26件にクレジットカード番号が含まれていることを明らかにした。同社によれば、マスコミから5日に提供された追加情報で新たな流出を確認。いずれも、センターロード(本社・東京都足立区)が運営する店舗AMCの取引情報の一部で、すでに同店の全ての利用客約9万4,000名に対し注意喚起のメールを送付。約2万1,000件のカード利用分については、各カード会社が継続してモニタリングを実施している。
・リリース(楽天)
http://www.rakuten.co.jp/com/faq/information/20050723.html

一覧へ