情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

仙台市、官民協働で自治体職員のセキュリティ向上はかるガイドブック作成

仙台市と仙台ソフトウェアセンター、マイクロソフトは2日、自治体職員の情報セキュリティレベルの向上を目指す「セキュリティガイドブック」を三者協働で作成したと発表した。ガイドブックは2種類を作成。職員が日常心がけるべき情報セキュリティの解説とセキュリティに関する注意点の理解を助ける自己診断からなる「一般職員対象」と、システムの企画から運用までの各プロセスにおけるリスク評価とリスクに対するセキュリティ対策の実施方法を解説した「システム担当者対象」がある。仙台市は8月から一般職員対象のガイドブックを利用した研修の実施や、2つのガイドブックの庁内LANコンテンツへの掲示などにより職員の情報セキュリティレベルと意識の向上を図る。作成したガイドブックは要望に応じて他の自治体へ提供するとしている。
・リリース(マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2354

一覧へ