情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ソニーバンク、スパイウェア対策に「ソフトウェアキーボード」導入

ソニーバンクは1日、スパイウェア対策として「ソフトウェアキーボードの提供」と「1日あたりの振り込み限度額の設定」を導入することを発表した。ソフトウェアキーボードは、ログインパスワード入力時にキーボードを画面上に表示し、マウスで入力できる。キーボード操作履歴が残らないため、キーロガー対策となる。もう1つの機能は、インターネット、テレホンバンキング、ATMを合計した1日あたりの振り込み限度額を、0もしくは1~999万円の範囲(1万円単位)で自由に設定できるようにした。
・リリース(ソニーバンク)
http://sonybank.net/img/PR050801_sb.pdf

一覧へ