情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

NTT Com、「思い出あんしん保管」利用者378名の情報がネット上で閲覧可能に

NTTコミュニケーションズ(NTT Com、本社:東京都千代田区)は7月23日、ビデオテープをデジタル化するサービス「思い出あんしん保管」に申し込んだ人のうち最大で378名分の情報が、インターネット上で閲覧可能になっていたと発表した。同社によると、2013年6月20日から2014年7月18日までの間、氏名、メールアドレス、郵便番号、電話番号、住所、暗号化されたクレジットカード情報2件、オンラインストレージサービス「マイポケット」のIDとパスワードが閲覧可能だった。対象者にはメールや電話、書面で連絡している。個人情報の不正使用に関する申告はないという。同社は、再発防止に努めていくとしている。
・「思い出あんしん保管」お申し込み情報の一部インターネット上における
閲覧可能な状態について(NTTコミュニケーションズ)
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20140723.html

一覧へ