情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

銀座ブロッサム、メール誤送信で顧客のメルアド1162件流出

挙式、イベント会場の銀座ブロッサムを運営するアターブル松屋(本社:東京都中央区)は8月21日、メールの誤送信により顧客のメールアドレス1162件が流出したと発表した。同社によると、8月19日、銀座ブロッサムの担当者が業務上のメールを送信する際、誤ってメールマガジン購読希望者のメールアドレスを一括管理しているフォルダを送信先に指定し、送信した。メールアドレス1162件のうち、実際に送信されたのは730件だった。対象のメールアドレスには謝罪の連絡をした。同社は再発防止のため、個人情報の厳重な管理とメール送信の手順に関する運用マニュアルの構築を行なうとともに、従業員教育を実施し、個人情報の取扱いに関する意識改革に努めていくとしている。
・メールアドレス誤送信に関するお詫びとお知らせ[PDF](アターブル松屋)
http://www.atable-matsuya.com/pdf/info_mail.pdf
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ