情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪市立大学、聴講生11名の成績原簿紛失

大阪市立大学(本部:大阪市住吉区)は8月18日、1991年度の工学部聴講生11名の成績原簿を紛失したと発表した。同大学によると、7月31日に該当年度の聴講生から単位取得証明書の発行依頼があったため、書類保管庫を探したが見当たらず、紛失が判明した。紛失した原簿には聴講生11名、39科目について氏名、生年月日、性別、本籍地、現住所、電話番号、最終学歴、勤務先、科目名と成績などが含まれている。この件に関し、情報流出等の被害報告は入っていない。証明書発行を依頼した聴講生以外の10名については連絡先が分からないため、直接説明ならびに謝罪することができない状況だが、証明書の発行依頼があった場合には、可能な限り発行責任を果たすという。同大学では再発防止のため、事務の適切処理と、文書管理を厳重に行うよう徹底するという。また、現在、学部生と院生の学籍についてはデータベース化を行っているが、今後、聴講生の学籍についてもデータベース化を行っていくという。
・【お詫び】工学部聴講生(平成3年度)の成績原簿の紛失について(大阪市立大学)
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/84s6ag
・大阪市立大学工学部科目聴講生の成績原簿の紛失について[PDF](大阪市立大学)
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/pdfs/press_150818.pdf
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ