情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

八千代市、個人情報を最大740名分含む民生委員所有のパソコン盗難

千葉県八千代市は8月27日、個人情報の入った民生委員所有のパソコンが盗まれたと発表した。市によると、当該民生委員は三重県の実家に帰省した7月25日、室内が荒らされ、デスクトップ型パソコンが盗まれていることに気付いた。当該民生委員は8月14日になって、当該パソコンに個人情報が入っていたことに気づき、現地の警察署に盗難被害届を提出。同20日、市に事態を報告した。パソコンに含まれていた個人情報は、市民492名の氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、障がいの有無、世帯構成、生活保護の有無、病名等と、緊急連絡先となっている248名の氏名、対象者との続柄、生年月日、住所、電話番号。該当者には市から文書で連絡した。市は再発防止のため、民生委員児童委員協議会連合会に対し、パソコンやUSBメモリー等への個人情報入力の原則禁止について指示したほか、民生委員全員に対して現時点での個人情報管理体制を総点検すること、民生委員向けの個人情報管理マニュアルを策定すること、個人情報保護の研修等を行うよう指示したという。
・個人情報の入った民生委員所有のパソコンの盗難について(八千代市)
http://www.city.yachiyo.chiba.jp/60500/page100107.html
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ