情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

中部ガス不動産、個人情報含む業務用の携帯電話を紛失

不動産業の中部ガス不動産(愛知県豊橋市)は8月24日、個人情報を含む業務用の携帯電話(スマートフォン)を紛失したと発表した。発表によると、当該携帯電話は業務用として社員に貸出しているもので、社外の法人および個人約100名分の名称、氏名および電話番号等が登録されている。紛失したのは7月29日で、紛失判明後、社員が立ち寄った場所など紛失したと思われる箇所を捜索し、警察へ紛失届を提出したが、発見されていない。同社は当該携帯電話に登録されている約10名の個人に対し、個別に連絡しお詫びをした。当該携帯電話にはパスワードが設定されており、紛失後直ちに使用停止措置をとっている。現時点において、個人情報が外部に流出した事実は確認されていない。同社は今後、業務用携帯電話を携行する際のルールについて社員に周知・徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・業務用携帯電話(スマートフォン)の紛失について
http://www.cgf.sala.jp/news/?mode=detail&category=1&aid=133
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ