情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

トヨタツーリスト、クレジットカード情報を記載した売上票1件を紛失

トヨタグループ各社の海外出張を中心に取り扱う旅行会社であるトヨタツーリストインターナショナル(本社:名古屋市東区)は8月7日、顧客情報を記載したクレジットカード売上票を1件、紛失したと発表した。発表によると、顧客からクレジット通販による支払いを受領し、同社の本社経理で支払い処理を行い、売上票の顧客控えを販売窓口に宅配で送付した。販売窓口はこれを受け取ったが、送付されてきた売上票は顧客控えではなく、間違ってクレジットカード会社提出用の売上票であったため、本社経理宛てに宅配で返送した。ところが8月3日、本社経理にて通信販売の締め処理中に、当該売上票が無いことが判明した。当該売上票には、カード番号と有効期限が明記してあり、セキュリティの緩い一部の通販サイトでは不正利用される可能性がある。同社は当該顧客に連絡してお詫びと経緯説明をした。また、発生原因の究明と紛失防止策を全社で実施し、再発防止策を強力に推進するとしている。
・お客様個人情報の紛失に関するご報告とお詫び[PDF](トヨタツーリストインターナショナル)
http://www.toyotatourist.co.jp/pdf/owabi2.pdf
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

一覧へ