ケーススタディ

CASE STUDY

ホーム

アイコン

通販番組制作会社 3カ月でPマーク取得(2009年)

通販番組制作会社が設立からわずか3カ月でプライバシーマークを取得した。
 
広告会社とコールセンター会社のジョイントベンチャーとして設立された同社は、事業展開の上でプライバシーマークが必須であった。
創業時は枠売りと番組制作のみを事業とししてスタートしたが、1年後にフルフィルメントサービスに展開することが予定されていた。事業展開のための種まきの期間も考慮し、4カ月以内でプライバシーマークを取得することが経営方針として決定された。
 
このような状況の中で、広告業界に最も強いコンサルティング会社として知られていた当社に声がかかった。
会社登記の1か月後に申請し、その翌月に審査を受け、認定は3か月後という計画を立て、審査機関との交渉をスタートした。申請より前に内々に審査日程を押さえ、そこから逆算してプロジェクトの組み立てをおこなった。
創業時点では個人情報が殆ど発生していないこともあり、プロジェクトは計画通りに進捗、わずか3カ月という短期間でプライバシーマークの取得が可能となった。
 

<関連情報>
プライバシーマーク(Pマーク)に関心がある方はこちらへ
ISMS(ISO27001)に関心がある方はこちらへ

その他のケーススタディ

これまでに当社が取り組んできた問題解決の事例をご紹介します。

一覧へ